MENU

ギフト用途別の価格の目安

ギフトを贈る用途としては、誕生祝い、結婚祝い、出産祝い、新築祝い、開店祝い、入学祝、お中元、お歳暮、母の日、父の日、敬老の日、バレンタインデー、お見舞い、叙位叙勲などがあります。
そして、それぞれの用途に、祝い金相場が存在しています。
お返しの用途として、結婚内祝い、出産内祝い、入学内祝い、ホワイトデー、快気祝い、法要などがあります。
ギフトを贈る場合、まず用途があり、次に予算があり、その次に、商品を選ぶことになります。
ギフトに向く商品の共通点は@ボリューム ギフト商品には、大きな箱、上げ底がよく使われます。
消費者は、ボリュームを気にして、ギフト商品を選んでいます。
ボリュームがあり(体積が大きく)、比較的、単価の低い商品が好まれます。
Aブランド力 ボリュームがなくても、売れる商品があります。
それは、誰もが知っているブランドの商品です。
価格の想像できない商品は、ギフトとしての価値がありません。
B消耗品 すぐなくなって、少々ストックになっても困らない商品もギフトに向いています。
例えば、石鹸、洗剤、タオル、砂糖、そうめん、ビール、コーヒーなどの商品です。
ギフトを贈る場合の価格の目安として、それぞれの用途には祝い金相場があります。
お返しは通常、半分返しです。
たとえば、結婚祝では、兄弟姉妹・30代を越えていれば、独身でも30000円〜包みます。
夫婦で包む場合は二人で50000円。

会社関係・上司や親しい同僚などは、個人なら30000円、夫婦なら50000円。
知人や友人・個人では10000円〜30000円。
夫婦なら50000円。
これが結婚祝い金の目安です。
これはあくまで目安ですので、地域の事情などを織り込んで、ギフトを贈るとよいでしょう。

関連ページ

ギフトを贈る際の注意点
ギフト一つを贈るにしても、大切な人への贈り物なら心をこめて贈りたいですね。どんなものを贈るか、どのように贈るかと、いろいろ悩んでしまうものです。ここでは、ギフトを贈る際に大切なこと、注意することを紹介しています。
ギフトカードを贈る際の注意点
ギフト一つを贈るにしても、大切な人への贈り物なら心をこめて贈りたいですね。どんなものを贈るか、どのように贈るかと、いろいろ悩んでしまうものです。ここでは、ギフトを贈る際に大切なこと、注意することを紹介しています。
ギフトカタログを贈る際の注意点
ギフト一つを贈るにしても、大切な人への贈り物なら心をこめて贈りたいですね。どんなものを贈るか、どのように贈るかと、いろいろ悩んでしまうものです。ここでは、ギフトを贈る際に大切なこと、注意することを紹介しています。
選べるギフトを贈る際の注意点
ギフト一つを贈るにしても、大切な人への贈り物なら心をこめて贈りたいですね。どんなものを贈るか、どのように贈るかと、いろいろ悩んでしまうものです。ここでは、ギフトを贈る際に大切なこと、注意することを紹介しています。
ギフトで旅行を送る際の注意点
ギフト一つを贈るにしても、大切な人への贈り物なら心をこめて贈りたいですね。どんなものを贈るか、どのように贈るかと、いろいろ悩んでしまうものです。ここでは、ギフトを贈る際に大切なこと、注意することを紹介しています。