MENU

ブリザードフラワーのギフト

ブリザードフラワーとは、生花が有機物質や色素を花本来の力で吸い上げた花をいいます。
プリザーブド(Preserved)とは、英語で保存するという意味です。
発色がとてもよく、しっとりした感触があり、生花でもなく、ドライフラワーでもなく、限りなく生の花に近い質感をもった最近注目されている花です。
特徴は、数年間枯れないことです。
ブリザードフラワーは、除湿や暗さを保つなど保管状態がよければ3年〜5年間もの長い間楽しむことが出来ます。
プリザーブドフラワーの最適な環境は湿度が30-50%、気温が18-25度です。
極端な高温(30度以上)極端な高湿(80%以上)では、プリザーブドフラワーも汗をかき、着色料がしみだしてきます。
生花は、季節によって、1日〜数週間で枯れますが、プリザーブドフラワーなら、自然界の限りある命を、水も光もあたえることなく長期間 楽しむことができます。
ウェディングブーケやリングピローとして海外挙式や前撮り用に人気が高まっています。
プリザーブドフラワーの花の色は、着色料の色ですので、青色、マットな緑色など…自然界には存在しない色のバラもつくることができます。
花粉と香りがないので花粉アレルギーに弱い方、香りに弱い方にも安心ですので、病室へのお見舞いにも プリザーブドフラワーなら、心配ありません。
プリザーブドフラワーの価格は、生花の約3〜5倍と高価ですが、それだけにブリザードフラワーのギフトはとても人気があり、贈られた人に喜んでもらえるギフトです。

関連ページ

フラワーギフトはどうやって贈る?
ギフト一つを贈るにしても、大切な人への贈り物なら心をこめて贈りたいですね。どんなものを贈るか、どのように贈るかと、いろいろ悩んでしまうものです。ここでは、ギフトを贈る際に大切なこと、注意することを紹介しています。
カタログギフトはいろんな場面で便利?
ギフト一つを贈るにしても、大切な人への贈り物なら心をこめて贈りたいですね。どんなものを贈るか、どのように贈るかと、いろいろ悩んでしまうものです。ここでは、ギフトを贈る際に大切なこと、注意することを紹介しています。
プチギフトとはどんなもの?値段は?
ギフト一つを贈るにしても、大切な人への贈り物なら心をこめて贈りたいですね。どんなものを贈るか、どのように贈るかと、いろいろ悩んでしまうものです。ここでは、ギフトを贈る際に大切なこと、注意することを紹介しています。
ブライダルギフトはどんな物が良い?
ギフト一つを贈るにしても、大切な人への贈り物なら心をこめて贈りたいですね。どんなものを贈るか、どのように贈るかと、いろいろ悩んでしまうものです。ここでは、ギフトを贈る際に大切なこと、注意することを紹介しています。