MENU

VISAのギフトカードってどう?

VISAギフトカードは、日本で取り扱われてる一般的なギフトカードの中でももっとも取扱量も多く、取り扱いをしてくれるお店も多いギフトカードといえるでしょう。

 

大きなショッピングセンターや百貨店、ショッピングモールなどや、今では大きなスーパーマーケットやホームセンターなどでも取り扱いをしているお店が増えてきましたので、現金と同様に使えるのが魅力的です。

 

VISAギフトカードに限らず、クレジットカードブランドの提携ギフトカードは、何かのお祝いの際に、現金の代わりとして気軽に贈ることのできるギフトとして贈る側にも重宝されます。

 

以前であれば、就職祝いならネクタイやワイシャツ、入学祝いなら腕時計や万年筆といった定番ギフトがあったのですが、今では、若い人の好みも多様化した上に、携帯電話を時計代わりに使って腕時計をはめないとか、万年筆に至っては使い方すら知らない人も普通にいます。

 

つまり、定番のギフト商品は今ではギフトとしてはあまり喜ばれない商品になってしまったということです。

 

本当なら現金のお祝いを贈るのが、贈る側にとっても、もらう側にとっても、一番面倒がなくてうれしいものですが、3千円とか5千円くらいのお祝いだと、現金ではちょっともの足りない感じがしてしまうこともあります。

 

そういったときに、全国どこでも現金と同じように便利に利用できるギフトカードとしてVISAギフトカードがベストな贈り物になるでしょう。

 

ちなみに、よく勘違いされがちですが、VISAクレジットカードが使えるお店なら、どこでもVISAギフトカードが使えるかというと、そうではありません。

 

実は、VISAクレジットカードが使えるお店よりもVISAギフトカードが使えるお店のほうがぐっと少ないです。

 

ただ、大きなお店であればたいてい使えるので安心です。

 

VISAギフトカードの購入はVISAギフトカードの販売店、VISAカードの支店やサービス窓口、そしてインターネットで購入することができます。

 

購入には現金の他、VISAクレジットカードも利用することができます。

 

JCBクレジットカードやマスターカードなど、別ブランドのクレジットカードでは購入することができませんので注意しましょう。

 

VISAギフトカードは購入時に発送手数料などがかかりますので、現金以上に費用がかかることもありますが、遠方に現金のお祝いを贈る場合は現金書留を使う必要があり、それを考えればVISAギフトカードを贈るのも決して高いとは言えません。

 

あと、VISAギフトカードを利用する場合に注意が必要なのは、額面よりも少額の商品を購入した場合には、基本的に釣り銭は出ないということです。

 

正確に言えば、出してくれるお店もありますが、それはお店の好意で出していただけているだけで、ギフトカードの規約で言えばお釣りは出す義務がないというのが正解です。

 

注意しましょう。

関連ページ

ギフトカードの種類
ギフト一つを贈るにしても、大切な人への贈り物なら心をこめて贈りたいですね。どんなものを贈るか、どのように贈るかと、いろいろ悩んでしまうものです。ここでは、ギフトを贈る際に大切なこと、注意することを紹介しています。
ギフト券を贈る?
ギフト一つを贈るにしても、大切な人への贈り物なら心をこめて贈りたいですね。どんなものを贈るか、どのように贈るかと、いろいろ悩んでしまうものです。ここでは、ギフトを贈る際に大切なこと、注意することを紹介しています。
JCBのギフトカードってどう?
ギフト一つを贈るにしても、大切な人への贈り物なら心をこめて贈りたいですね。どんなものを贈るか、どのように贈るかと、いろいろ悩んでしまうものです。ここでは、ギフトを贈る際に大切なこと、注意することを紹介しています。
UCのギフトカードってどう?
ギフト一つを贈るにしても、大切な人への贈り物なら心をこめて贈りたいですね。どんなものを贈るか、どのように贈るかと、いろいろ悩んでしまうものです。ここでは、ギフトを贈る際に大切なこと、注意することを紹介しています。